事業用物件と仲介手数料-バランスのとれた選択を

「事業用物件」の選び方と「仲介手数料」。これらを理解することで、あなたのビジネスは次のレベルへ進めるかもしれません。この記事では、事業用物件選びの抑えるべきポイントと、それと関連する仲介手数料について詳しく説明します。
事業用賃貸物件サポート相談センター
ロゴ
地域の特性やお客様のニーズに合った事業用物件をご紹介しております。繁華街や観光地に位置する店舗物件など、幅広い選択肢を品川でご案内しておりますので、初めてのお客様も安心してお任せください。
事業用賃貸物件サポート相談センター
住所:

〒143-0023

東京都大田区山王2-5-13大森北口ビル5F

電話番号:
03-3771-0555

事業用物件選びの基礎知識

事業用物件選び、これはあなたの事業の成功を左右する大切なポイントです。ここでは、あなたがリーズナブルな価格で良質な物件を選べるように、基礎知識をご紹介します。

適正価格を知る

事業用物件を選ぶ際に重要なポイントの一つは、適正価格を知ることです。適正価格を把握することで、物件の価値や相場を正しく判断することができます。まずは、市場価格をリサーチしましょう。同じエリアや同じ条件の物件の価格を比較することで、相場を掴むことができます。また、過去の取引価格や類似物件の情報も参考になります。さらに、不動産エージェントや専門家に相談することもおすすめです。彼らは市場の動向やトレンドを把握しているため、適正価格の判断に役立つ情報を提供してくれるでしょう。適正価格を把握することで、高すぎる価格を払うことなく、バランスの取れた選択をすることができます。仲介手数料も含めたトータルコストを考慮しながら、事業用物件の適正価格を見極めましょう。全体の市場動向や物件の状況にしっかりと目を向けて、最良の選択をしましょう。

立地を考える

事業用物件を選ぶ際に重要なポイントの一つは、物件の立地です。立地は事業の成功に大きく関わる要素であり、注意深く考える必要があります。

まずは、事業の性質や目的に合わせた適切な立地を選びましょう。例えば、商業施設を展開する場合は、人通りの多い場所や交通の便が良い場所が適しています。一方、製造工場を設置する場合は、物流の利便性や周辺の産業環境を考慮する必要があります。

また、周辺の環境も重要な要素です。付近には競合他社が存在するか、クライアントや取引先へのアクセスがしやすいかなどを考慮しましょう。また、近隣施設や交通インフラの充実度もチェックしましょう。従業員や顧客の利便性や快適性が確保されているかどうかは、事業の成否にも影響を与える重要な要素です。

さらに、将来の発展性も見据えることが重要です。周辺地域の開発計画や都市計画を把握し、将来的な需要の増加や地価の上昇などを予測することができれば、長期的な視点で立地を考えることができます。

事業用物件の立地選びは慎重な検討が不可欠です。具体的な条件やニーズに合わせた場所を探し、事前にしっかりと情報収集することが重要です。適切な立地を選ぶことで、事業の成功に大きく貢献することができます。

事業用物件選びのテクニック

基礎知識が身についたら、次はさらに詳しく事業用物件を選ぶテクニックを学びましょう。これらのテクニックをマスターすることで、あなたの選択はより確実性を増します。

築年数と設備

事業用物件を選ぶ際には、築年数と設備が重要なポイントとなります。築年数は物件の状態や耐久性を示す指標です。新しい物件は通常、建物や設備が状態が良く、トラブルのリスクが低い傾向にあります。一方で、古い物件はメンテナンスや改装の必要性が高くなりますが、その分価格も抑えられることがあります。

築年数を選ぶ際には、物件の状態だけでなく、将来のニーズやビジネスの計画も考慮する必要があります。例えば、事業の成長を見込んで大規模な拡張や改装が必要な場合、新しい物件を選ぶことで費用や手続きの負担を軽減することができます。

また、物件の設備も重要な要素です。設備が整っていれば、事業の運営や従業員の働きやすさが向上します。事業特性や業種に応じて必要な設備を考慮しましょう。例えば、飲食業であれば厨房の設備や排水設備が重要ですし、オフィス業であればネットワーク環境や快適なエアコンなどが必要です。

築年数と設備はトレードオフの関係にあることも考慮してください。築年数の新しい物件は、設備が充実していることが多いですが、価格が高くなる傾向があります。しかし、設備の整った物件を選ぶことで、後々のメンテナンスや改装にかかる費用を抑えることができると考えることもできます。

事業用物件の築年数と設備は、価格や運営上のリスクを考慮しながらバランスを取る必要があります。将来の事業計画や予算を考えつつ、物件の状態や設備の充実度を見極めましょう。適切なバランスを見つけることで、事業の成功につながる物件を選ぶことができます。

フロアレイアウト

事業用物件を選ぶ際に重要なポイントの一つは、フロアレイアウトです。フロアレイアウトは、物件内の作業効率や顧客からの印象に直結する要素です。

まず、事業の目的や業種に適したフロアレイアウトを考えましょう。どのような作業が行われるのか、どのような部門が存在するのかを考慮し、効率的な作業フローを設計することが重要です。例えば、カフェやレストランの場合は、キッチンとテーブル席の配置が明確であり、スタッフと顧客の動線がスムーズである必要があります。

また、顧客からの印象も考慮しましょう。入り口や受付エリアは、清潔感があり、アクセスしやすい位置に配置することが重要です。また、商品陳列や接客エリアなども顧客とのコミュニケーションを重視し、効果的に配置する必要があります。

さらに、将来の事業拡大や変更を見据えて、フレキシビリティを持ったフロアレイアウトを考慮しましょう。事業の成長に伴って、部署の増加や業務の変化が予想される場合には、柔軟に仕切りやレイアウトを変更できる空間が必要です。

また、エルゴノミクス(人間工学)の観点から、職場環境の快適さも考慮しましょう。作業スペースや椅子の配置、照明など、従業員の健康や作業効率に影響を与える要素を適切に設計することが大切です。

フロアレイアウトは、事業の運営効率や顧客満足度に直結する重要な要素です。効率的な作業環境や魅力的な顧客体験を提供するために、物件のフロアレイアウトを慎重に考慮しましょう。将来の事業成長や変化にも対応できる柔軟性を持つデザインを追求し、事業の成功をサポートする物件を選びましょう。

仲介手数料の基本

事業用物件を見つけたら、次は仲介手数料について理解しましょう。仲介手数料は、物件選びのコストに大きな影響を与えます。

仲介手数料とは

事業用物件を取得する際には、仲介手数料という費用が発生することがあります。仲介手数料は、仲介業者が物件の仲介を行うことに対する報酬です。

具体的には、仲介業者が物件を紹介し、契約の交渉や手続きのサポートを行うことで、物件の取得に関して費用が発生します。この仲介手数料は、物件の契約価格に対して一定の割合で設定されることが一般的です。手数料の割合や計算方法は、地域や業者によって異なる場合がありますので、事前に確認することが重要です。

仲介手数料は、物件の取得に必要な費用として予算に組み込む必要があります。また、手数料によって総合的な取得コストが上昇するため、事業のトータルコストにも影響を与えます。

仲介手数料は、仲介業者が提供するサービスやノウハウに対する報酬として考えることもできます。仲介業者は物件市場や価格動向に精通しており、適切な物件を見つける際に役立つ情報やアドバイスを提供してくれます。また、物件の契約や手続きをスムーズに進めるためのサポートも行ってくれます。

仲介手数料は、物件の取得に伴って支払う必要がある費用ですが、その見返りとして物件の選定や取引の円滑化に役立つサービスを受けることができます。適切な仲介業者との信頼関係を築き、物件の取得を円滑に進めることが重要です。

仲介手数料を把握し、トータルコストを考慮しながら事業用物件を選ぶことで、合理的な費用負担のバランスを取ることができます。

仲介手数料の算出

物件の仲介手数料は一般的に契約価格に対して一定の割合で算出されますが、具体的な計算方法は地域や業者によって異なる場合があります。以下に一般的な仲介手数料の算出方法をご紹介します。

まず、契約価格を基準に仲介手数料の割合を設定します。一般的な割合は3~5%ですが、市場や物件の需要・供給の状況によって変動することがあります。仲介業者によっては固定金額での計算や特別な契約条件が設けられている場合もありますので、事前に確認しましょう。

また、仲介手数料には消費税が加算されることもあります。消費税は契約価格や手数料に対して適用されるため、算出時に適切に考慮する必要があります。消費税率は地域や時期によって変動するため、最新の税率を確認しましょう。

例えば、契約価格が1億円で仲介手数料が3%の場合、仲介手数料は300万円となります。消費税率が10%の場合、消費税は30万円となりますので、合計330万円が仲介手数料として支払われることになります。

仲介手数料の多寡は、物件の価格や取引条件によっても異なります。高額な物件ほど手数料も大きくなる傾向がありますが、仲介業者との交渉や市場の競争状況によって手数料を調整することも可能です。

仲介手数料は物件の取得費用の一部として予算に組み込む必要があります。正確な算出方法を理解し、トータルコストを把握して事業用物件の選択を行いましょう。また、仲介手数料の支払いタイミングや分割払いの可能性なども確認しておくことが重要です。

仲介手数料は物件取得に付随する費用ですが、適切な仲介業者との信頼関係を築き、物件選びや交渉においてバランスの取れた負担を実現しましょう。

仲介手数料を抑える方法

仲介手数料の基本が理解できたら、次はその費用を抑える方法を学んでいきましょう。これにより、事業の運転資金をより有効に使うことができます。

競争原理の活用

仲介手数料を抑えるためには、競争原理を活用することが有効です。多くの仲介業者が存在し、その競争によって手数料を下げることができるからです。

まずは、複数の仲介業者から見積もりを取ることが重要です。複数の業者に同じ条件を提示し、手数料の見積もりを依頼しましょう。競争原理によって、各業者は自社のサービスや価格の魅力をアピールするでしょう。その中で最も手数料が抑えられるオファーを選ぶことができます。

また、業者との交渉も手数料の抑制に役立ちます。見積もりを受け取った後、条件やサービスについて交渉することで、手数料の削減や特別な条件を得ることができるかもしれません。自身のニーズや要望を明確に伝え、柔軟な対応を引き出すために交渉術を活用しましょう。

さらに、情報収集も競争原理の活用につながります。仲介業者の評判や実績、サービス内容などを調べることで、信頼性や優れたサービスを提供する業者を選ぶことができます。口コミやレビューを確認し、他の顧客の評価も参考にしながら選びましょう。

競争原理を活用することで、仲介手数料を抑えることができます。複数の業者から見積もりを取り、交渉や情報収集を行うことで、最適な条件を得ることができます。ただし、手数料だけでなく業者の信頼性や提供するサービスの質も考慮しましょう。バランスの取れた選択をすることで、効果的な競争原理の活用ができるでしょう。

交渉のコツ

仲介手数料を抑えるためには、交渉術を使うことが重要です。効果的な交渉を行うことで、より良い条件を引き出すことができます。以下に交渉のコツをご紹介します。

まずは十分な準備をしましょう。事前に仲介手数料の相場や他の業者の見積もり情報を収集しておくことが重要です。自身の予算や条件を明確に把握し、交渉の際に具体的な目標を持つことが大切です。

また、相手方の立場や利益動機を理解することも重要です。仲介業者もビジネスを行っており、利益を追求しています。相手方の立場を尊重し、お互いの利益を最大化する交渉を心がけましょう。

コミュニケーション能力も交渉において重要な要素です。明確な表現や的確な質問、適切なタイミングでの発言が求められます。相手の話を注意深く聞き、共感や理解を示すことで、信頼関係を築くことができます。

柔軟性も交渉において重要です。予め決めた条件に固執するのではなく、相手方の要望や提案にも耳を傾けることが必要です。妥協点を見つけるために、自身も譲歩する柔軟さを持つことが大切です。

最後に、ポジティブな態度と自信を持って交渉に臨むことも大切です。自身の立場やニーズを明確にし、自信を持って主張することで、相手方も協力しやすくなるでしょう。

仲介手数料の交渉は、より良い条件を引き出すために必要なスキルです。準備やコミュニケーション、柔軟性、ポジティブな態度を持つことで、効果的な交渉ができるでしょう。バランスの取れた合意を目指し、最適な仲介手数料を実現しましょう。

トータルコストを見越した選択

物件選択と仲介手数料、これらは切っても切れない関係にあります。トータルコストを考え、バランスの良い選択をするための知識を学びましょう。

長期視点の考え方

事業用物件を選ぶ際には、長期的な視点を持つことが重要です。単に初期コストだけで判断するのではなく、将来のランニングコストや維持管理の負担も考慮する必要があります。

まず考慮すべきは、ランニングコストです。物件の維持管理や運営にかかる費用は、長期にわたって発生するものです。例えば、修繕やメンテナンス費用、光熱費、管理費などがこれに該当します。物件のコンディションや設備の劣化度合い、将来の修繕予定を考慮し、ランニングコストを見積もりましょう。適切な予算を確保することで、将来の経営に余裕を持たせることができます。

また、将来的な事業の拡大や変化にも対応できる柔軟性が求められます。事業用物件を選ぶ際には、将来の拡張や改装が可能であるかどうかも考慮しましょう。例えば、敷地の余地や隣接する物件の取得の余地があるか、建物の構造が柔軟な改装を受けることができるかなどを確認しましょう。事業が成長し変化する場合には、柔軟な対応が必要となります。

さらに、マーケットの変化や地域の発展性も見越して選択することが重要です。事業用物件の立地や周辺環境が将来的に発展する可能性が高いかどうかを考慮しましょう。将来的な需要の増加や地価の上昇などを予測することで、長期的な投資価値を見極めることができます。

長期視点の考え方を持つことで、単なる初期投資にとどまらない効果的な物件選択が可能となります。ランニングコストや将来の拡張・変化に対する柔軟性、マーケットと地域の動向を的確に予測することで、事業の持続的な成功を支える物件を選びましょう。

賢い選択のためのチェックリスト

事業用物件を選ぶ際には、賢い選択をするためのチェックリストを活用することが有効です。以下に、物件選択の際に考慮すべきポイントをまとめたチェックリストをご紹介します。

まずは、物件の目的とニーズを明確にしましょう。事業の性質や目標に合わせた物件を選ぶためには、自身のニーズを把握することが重要です。必要な広さや設備、立地条件など、具体的な要件を明確にしましょう。

次に、物件の立地をチェックしましょう。商業施設や交通アクセス、周辺環境など、物件の周囲の状況を確認し、ビジネスに適しているかどうかを判断しましょう。また、将来の発展性や競合他社の存在も考慮しましょう。

物件の状態や設備についても注意深く確認しましょう。建物の築年数や設備の状態、メンテナンスの履歴などをチェックし、追加の修繕や費用がかかるかどうかを把握しましょう。

ランニングコストやトータルコストも見極める必要があります。物件の維持管理や運営にかかる費用や税金、保険などを確認し、将来的な予算計画にも考慮しましょう。

さらに、法的な側面も確認しましょう。契約条件や物件の権利関係、法的な制約などを確認することで、後々のトラブル回避につながります。

最後に、複数の仲介業者との比較も重要です。複数の業者から見積もりや提案を受け、料金やサービス内容をチェックしましょう。競争原理を活用して最適な条件を選ぶことができます。

このチェックリストを活用することで、事業用物件の選択において重要なポイントを見逃さず、バランスの取れた選択をすることができます。自身のニーズや目標、将来の見通しを考慮し、チェックリストを緻密に使いながら物件選びを進めましょう。

まとめ

事業用物件選びと仲介手数料、それぞれがつながり合いながらあなたの事業を後押ししていきます。この記事で得た知識を活かして、ぜひ最適な選択を行ってください。

リスクとコストのバランス

事業用物件を選ぶ際には、リスクとコストのバランスを考慮することが重要です。安価な物件を選ぶことで費用を抑えることができますが、その代わりにリスクを負う可能性があります。逆に高価な物件を選ぶことで品質や安全性は確保されますが、予算の制約や取得コストの増加といった問題も発生するかもしれません。

リスクとコストのバランスを考えるためには、事前のリスク評価が不可欠です。物件の状態や周辺の環境、法的な制約などを評価し、潜在的なリスク要素を洗い出しましょう。例えば、地震や自然災害のリスク、法的な問題、周辺の競合他社の影響などが挙げられます。これらのリスクを適応的かつ客観的に評価し、事業に対する影響やコスト増加の可能性を判断しましょう。

次に、予算とのバランスを考慮しましょう。予算内で安全性や品質を確保するためには、必要なリスク管理や維持管理のための予算を計画に組み込む必要があります。コストだけでなく、将来的なランニングコストや修繕費用も考慮し、持続可能な経営を見据えましょう。

最後に、リスクとコストのバランスは事業の状況や目的によっても異なることを忘れないでください。リスクを最小限に抑えるためには一定のコストが必要であり、逆に安価な選択に伴うリスクも存在することを理解しましょう。自身の事業の状況やリスク許容度を考慮し、そのバランスを評価して物件選びを進めましょう。

リスクとコストのバランスが取れた物件選びは、事業の成功につながる重要な要素です。リスクを適切に管理し、予算に見合った物件を選ぶことで、安定した運営と成果を得ることができるでしょう。

カスタマイズとフレキシビリティ

事業用物件を選ぶ際には、カスタマイズ性とフレキシビリティも重要な要素です。事業の成長や変化に合わせて、物件を柔軟に調整できることが求められます。

まずカスタマイズ性について考えましょう。事業用物件は、自身のビジネスニーズに合わせて必要な機能やレイアウトにカスタマイズできることが望まれます。例えば、壁の移動や仕切りの変更、設備や設備の追加など、物件の柔軟な変更が可能であるかどうかを確認しましょう。カスタマイズ性の高い物件は、事業の成長や変化に柔軟に対応できる利点があります。

次にフレキシビリティを考慮しましょう。事業の成長や変化に伴い、物件が適応的に利用できるかどうかが重要です。物件の規模や構造が変更に耐えるか、将来の拡張や変更に対応できる余地があるかを確認しましょう。また、契約条件やリース期間などもフレキシビリティに影響を与える要素です。将来のビジネス計画や変化に備えて、柔軟な契約条件を求めることも大切です。

カスタマイズ性とフレキシビリティは、事業の成長や変化に対する対応力を高めるために欠かせない要素です。適応性のある物件を選ぶことで、変化する事業環境に柔軟に対応し、効果的な経営を実現することができます。将来のビジネスの視点からカスタマイズ性とフレキシビリティを考慮し、事業用物件の選択を進めましょう。

さらに深く学ぶ

さらにこのテーマについて深く学びたい方へ。事業用物件と仲介手数料の関連をさらに深く理解するためのリソースをいくつか紹介します。

仲介業者の評価方法

仲介業者を選ぶ際には、適切な評価方法を用いることが重要です。以下に、仲介業者の評価方法をいくつかご紹介します。

まず一つ目の評価方法は、業者の信頼性を確認することです。業者の信頼性は、過去の実績や顧客の評判、業界での評価などから判断することができます。実際に過去の取引実績や口コミを調べることで、業者の信頼性や専門性を把握することができます。また、業者の所属団体や資格、認証なども参考になります。

二つ目の評価方法は、業者の専門知識と経験を確認することです。仲介業者が特定の業種や特定の物件タイプに精通しているかどうかを調べましょう。業界の動向や市場トレンドに関する知識や、法的な制約や手続きについての深い理解を持っているかどうかが重要です。適切な専門知識と経験を持つ業者を選ぶことで、円滑な取引や問題の解決に役立ちます。

さらに、業者の対応力やコミュニケーション能力も評価するポイントです。業者との円滑なコミュニケーションは、スムーズな取引や問題解決に重要な要素です。業者の対応の速さや正確さ、的確なアドバイスの提供などを評価し、相性の良い業者を選ぶことが重要です。

最後に、業者の料金体系や契約条件も評価する要素です。料金体系が明確であり、契約条件が公正であるかどうかを確認しましょう。複数の業者と見積もりや提案を比較し、コストとサービスのバランスを考えることも重要です。

以上の評価方法を活用して、適切な仲介業者を選ぶことができます。信頼性や専門知識、対応力、料金体系などを総合的に考慮し、自身のニーズに最も適した仲介業者との取引を進めましょう。

成功例から学ぶ

成功例を学ぶことは、事業用物件と仲介手数料の活用において大変有益です。他の人がどのように成功しているのかを知ることで、自身の取引において学ぶべきポイントを見つけることができます。以下に成功例から学ぶ方法をご紹介します。

まずは、実際の事例を調査しましょう。成功したビジネスオーナーや起業家のストーリーやインタビュー記事などを探し、彼らがどのように事業用物件や仲介手数料を活用して成功したのかを理解しましょう。彼らの経験や洞察から、成功の秘訣や避けるべき落とし穴などを学ぶことができます。

また、同業界や同様の事業を行っている人々の成功例も参考になります。類似する事業者の取引における成功パターンや戦略を調査し、自身の取引に活かすことができます。成功例を研究する際には、成功要因や失敗要因を見極め、それらを元に自身のビジネス戦略を見直すことも大切です。

さらに、専門家やコンサルタントのアドバイスも学ぶべきポイントです。彼らは多くの事業者の成功事例や失敗事例を通じて、特に重要な洞察を持っています。特に地域や業界の専門家からの助言を得ることは、成功に近づくための重要な要素となります。

成功例を学ぶことで、自身の事業用物件選びや仲介手数料の活用において新たなアイデアや戦略を見つけることができます。他の成功者の経験から学び、それを自身の事業に応用していくことで、より効果的な選択や取引が可能となります。成功例から学びながら、自身の事業の成功を追求しましょう。

最後に

事業用物件選びと仲介手数料についての深い理解は、あなたのビジネスの成功を後押しします。この記事がその一助になれたら幸いです。

次のステップ

次のステップでは、学んだ知識と取得した情報を実際の行動に移すことが重要です。以下に、次のステップを考える上でのポイントをご紹介します。

まずは、学んだ知識を具体的な行動計画に落とし込みましょう。物件選びや仲介手数料の活用において重要な要素を把握し、自身のビジネスに合わせた行動計画を立てることが必要です。たとえば、物件の条件を明確にし、複数の業者から見積もりを取る、交渉のための資料を整理するなど、具体的なステップを考えましょう。

次に、行動に移す際には計画的に行動することが重要です。適切なタイミングやスケジュールを考慮し、順序立てて行動することで効果的に進めることができます。また、必要なリソースや予算の確保も忘れずに行いましょう。計画的な行動によって、事業用物件選びや仲介手数料の最適な活用を実現します。

また、行動を進める上での重要なポイントは、適切な情報収集です。業界や地域の市場動向、物件情報や仲介業者の評判などをキャッチアップすることで、より成功確率を高めることができます。進行中の物件や交渉に関する情報を適切に収集し、それを行動に活かしましょう。

最後に、計画を実行する過程での評価と調整も忘れずに行いましょう。実際の行動を実施し、その結果を評価します。必要な調整や改善点を見つけ、計画を修正することも重要です。柔軟性を持ちながら、最終的な目標に向かって進んでいきましょう。

次のステップでは、学んだ知識を具体的な行動計画に落とし込み、計画的に行動することが大切です。適切な情報収集や評価と調整を組み合わせながら、自身の事業の成功に向けて進んでいきましょう。

知識を深めるために

知識を深めるためには、積極的な学習と情報収集が欠かせません。以下に、知識を深めるための方法をいくつかご紹介します。

まずは、関連する書籍やオンラインリソースを利用しましょう。事業用物件選びや仲介手数料に関する書籍やウェブサイト、ブログなどは多く存在します。これらをチェックし、専門知識やノウハウを学びましょう。また、セミナーや研修に参加することも有益です。専門家や成功者からの指導を受けることで、実践的な知識を深めることができます。

さらに、業界のトレンドや最新の情報にも注目しましょう。業界の雑誌や専門ニュースサイトをチェックすることで、事業用物件や仲介手数料に関する最新の情報を得ることができます。また、SNSや専門的なコミュニティに参加することで、他の専門家やプロフェッショナルとの交流を通じて知識の共有や意見交換を行うことも有益です。

さらに、実践を通じて知識を深めることも重要です。実際の取引や事業用物件の選択を通じて経験を積んでいくことで、現実的な知識を身につけることができます。成功や失敗から学び、改善点を見つけ出し、次回の取引に生かすことが大切です。

知識の深化には、積極的な取り組みと主体性が求められます。自己学習や情報収集を続け、現場での経験を通じて実践的な知識を蓄えましょう。そして、知識を活かして事業の成功につなげるために、自身の成果に対して反省や評価を行い、知識と経験を磨いていくことが重要です。

事業用賃貸物件サポート相談センター
ロゴ
地域の特性やお客様のニーズに合った事業用物件をご紹介しております。繁華街や観光地に位置する店舗物件など、幅広い選択肢を品川でご案内しておりますので、初めてのお客様も安心してお任せください。
事業用賃貸物件サポート相談センター

〒143-0023

東京都大田区山王2-5-13大森北口ビル5F

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG