空き物件探しからテナント設立まで!独自のお店を持つまでの一連の流れ

この記事では、空き物件を見つけ、それを自分のテナントにするまでの一連の流れを詳しく解説します。初めての人でも安心して進められるように、また、わからないことがあった時のために具体的な例も交えながら説明します。
事業用賃貸物件サポート相談センター
ロゴ
地域の特性やお客様のニーズに合った事業用物件をご紹介しております。繁華街や観光地に位置する店舗物件など、幅広い選択肢を品川でご案内しておりますので、初めてのお客様も安心してお任せください。
事業用賃貸物件サポート相談センター
住所:

〒143-0023

東京都大田区山王2-5-13大森北口ビル5F

電話番号:
03-3771-0555

1. 空き物件探しの始め方

まずは空き物件探しから始まります。どのような物件を探すか、いくつかの視点から考えてみましょう。

1-1. ロケーション選び

空き物件を探す際には、まずはロケーション選びが重要なポイントです。どのようなテナントを立ち上げるかによって、求めるロケーションも異なるでしょう。

例えば、飲食店を展開する場合には交通の便が良く、人通りが多いエリアが魅力的です。一方、衣料品店や雑貨店を経営する場合には、ファッショナブルな商業施設やショッピングモールが適しているかもしれません。

また、事業計画にも応じてロケーションは異なる要素が求められます。例えば、オフィスビルにテナントを構える場合には、周辺に多くの企業があることや商業施設の充実度が重要になります。

さらに、物件の周辺環境もロケーション選びの重要な要素です。近くに駐車場や公共交通機関があること、競合店の存在や地域の需要動向なども考慮しなければなりません。

ロケーション選びでは、テナントの目的やターゲット層に合わせて、物件の立地条件を細かくチェックしましょう。交通の利便性や周辺環境、需要動向などを考慮しながら、自分のテナントに最適なロケーションを見つけることが重要です。

1-2. 物件の広さと設備

物件を選ぶ上で重要な要素の一つが、物件の広さと設備です。テナントとして選ぶ物件は、自分のビジネスに適した広さが必要です。

例えば、飲食店や小売店を経営する場合には、商品の陳列スペースや厨房・倉庫スペースが必要です。また、家具や備品を配置するための適切な広さも重要です。慎重に物件のレイアウトや間取りをチェックし、自分のビジネスに最適な広さを選びましょう。

さらに、物件の設備も重要なポイントです。例えば、飲食店を経営する場合には、厨房設備や冷蔵庫・冷凍庫の有無、排水設備の状態などを確認する必要があります。また、小売店を経営する場合には、エアコンや照明、セキュリティ設備なども重要な要素となります。

物件の広さと設備をチェックする際には、自分のビジネスの規模や業態に合った条件を選ぶことが大切です。ビジネスに必要なスペースや設備が揃っているかを確認し、将来的な拡張や改装の余地も考慮することが望ましいです。

あらゆる視点から物件の広さと設備を確認し、自分のテナントにぴったりな物件を見つけましょう。ビジネスの成功には、適切な広さと設備の整った物件が不可欠です。

2. テナント契約までの流れ

空き物件を見つけたら次はテナント契約。契約までの流れを順を追って説明します。

2-1. 物件の申し込み

物件を見つけたら次はテナント契約に進むため、物件の申し込みを行います。物件管理会社に連絡し、申し込み手続きを進めましょう。

まずは物件管理会社に直接問い合わせる方法があります。電話やメールで連絡をし、物件の詳細情報や内見の予約を取りましょう。また、オンラインで物件情報を探し、申し込みフォームや問い合わせフォームを利用する方法もあります。選択した方法に合わせて、必要事項を入力し、物件管理会社に送信しましょう。

物件を申し込む際には、事業計画書や資金計画の提出も求められることがあります。物件管理会社はテナントの経営計画や資金状況を確認し、テナントとして成り立つかどうかを判断するためです。事業計画書や資金計画は、将来のビジネス展望や収支予測、販売戦略などを明確に記載しましょう。また、資金計画では資金の調達方法や返済計画なども含めて具体的に計画を立てましょう。

物件の申し込み時には、契約条件や期間についても確認しましょう。更新時の条件や解約時の条件など、重要なポイントを見逃さないように注意しましょう。契約書の内容を十分に確認し、必要な場合は専門家のアドバイスを受けることも推奨されます。

物件の申し込みはテナント設立の重要な一歩です。物件管理会社との円滑なコミュニケーションを図りながら、必要な書類や情報の提出を行いましょう。ビジネス計画や契約条件をしっかりと把握し、物件の申し込みをスムーズに進めていきましょう。

2-2. 契約内容の確認

物件の申し込みが受理されたら、次は契約内容の確認です。契約書の内容をしっかりと確認し、納得のいく条件でテナント契約を進めましょう。

まずは契約書を入手し、内容を詳細に読みます。契約期間や更新時の条件、解約に関わる事項など、契約書に明記された条件を確認しましょう。特に、契約期間が長い場合や物件のリフォームを行う場合には、注意が必要です。また、賃料や共益費の支払い方法、保証金の有無や返却条件なども確認しましょう。

契約書の内容を理解したら、不明点や疑問点があれば物件管理会社に問い合わせましょう。契約に関する細かなポイントを確認することで、将来的なトラブルを回避することができます。必要に応じて、専門家や弁護士に相談することもおすすめです。

また、契約書には物件管理会社が負担する修繕費や設備整備費用などについても明記されています。これらの費用についても確認し、自分の負担範囲や費用の見積もりをしっかりと考えましょう。将来的な修繕や改装の必要性に備えて、契約書上の条件を適切に把握しておくことは重要です。

最後に、契約書に署名する前には再度注意深く内容を確認しましょう。必要な場合は修正や追加事項の交渉も行うことができます。契約内容を納得し、取引先との関係を円滑に進めるためにも、契約書の確認は欠かせません。

契約内容の確認はテナント契約において非常に重要です。契約書の内容を十分に理解し、不明な点や疑問点を解消することで、スムーズなテナント設立を目指しましょう。

3. 店舗設計のポイント

テナント契約が完了したら次は店舗設計です。ここでお店の雰囲気を作り上げましょう。

3-1. 店舗レイアウト

テナント契約が完了したら、次は店舗設計に取りかかる必要があります。店舗レイアウトは、お店の印象を大きく左右する重要な要素です。

店舗レイアウトの設計にあたっては、まずはお店のコンセプトやブランドイメージを考えましょう。自分のテナントが提供する商品やサービスに合った雰囲気や空間を作り上げることが重要です。例えば、居心地の良いカフェをイメージするのか、洗練されたショップをイメージするのか、そのテナントの特徴を反映したデザインを心掛けましょう。

また、お店のレイアウトは使いやすさとデザイン性を両立させる必要があります。例えば、顧客の流れや接客のスムーズさを考慮して、陳列棚やカウンターの配置を決めることが重要です。商品の陳列やディスプレイも、お店の雰囲気やコンセプトに合わせて工夫しましょう。

また、お店の内装や照明、カラースキームなども重要な要素です。おしゃれで魅力的な雰囲気を演出するために、家具や装飾品の選び方も慎重に検討しましょう。ただし、デザイン性だけでなく、実用性も考慮しなければなりません。お客様が快適に過ごせるような空間づくりを心がけましょう。

最後に、お店のレイアウトは柔軟に変更できるように考慮することも大切です。将来的な拡張や改装に備えて、レイアウトを変更しやすい仕組みを取り入れましょう。

お店の雰囲気や使いやすさに影響を与える店舗レイアウトの設計は、テナント設立の重要なステップです。コンセプトやブランドイメージに合わせてデザインし、お客様にとって魅力的な空間を提供できるよう努めましょう。

3-2. 家具や装飾の選び方

店舗レイアウトが進んだら、次は家具や装飾の選び方を考えましょう。家具や装飾はお店の雰囲気をプラスするために重要な要素です。個性的な空間を作り上げ、お客様に快適な体験を提供するためには、適切な家具や装飾の選択が不可欠です。

まずはお店のコンセプトやブランドイメージに基づいて、家具と装飾品を選びましょう。例えば、落ち着いた雰囲気を演出する場合には、木製の家具やナチュラルな装飾品を取り入れることが考えられます。一方で、モダンで華やかな雰囲気を目指す場合には、シンプルなデザインの家具やモダンなアート作品を選択することが適しています。

家具選びの際には、デザインだけでなく品質や耐久性も重要な要素です。長期にわたり使用するためには、丈夫で高品質な家具を選ぶことが必要です。また、家具のサイズや形状も、お店のレイアウトやスペースに合わせる必要があります。使いやすさや動線を考慮しながら、適切なサイズの家具を選びましょう。

また、装飾品はお店の雰囲気を一層引き立てる役割を果たします。花や植物、アート作品、照明などを活用して、個性的な空間を演出しましょう。ただし、装飾品は過剰になりすぎないよう注意し、お店のメインポイントや商品を引き立てる役割を果たすようにしましょう。

最後に、家具や装飾品の選び方には予算の考慮も欠かせません。予算範囲内で品質の良いものを選ぶため、事前に予算を決めておくことが重要です。また、インテリア業者やデザイナーのアドバイスを受けることも有益です。専門家の意見を聞いて、理想的な家具や装飾品を選びましょう。

家具や装飾の選び方はお店の雰囲気を作り上げる重要な要素です。テナントのコンセプトやブランドイメージに合った家具と装飾品を選び、お客様に心地よい空間を提供しましょう。

4. 営業許可を取得する

店舗設計が進行する中で、必要な許可を取得する作業も進めます。どのような許可が必要かまとめてみました。

4-1. 飲食店の場合の許可

飲食店を開業する場合には、いくつかの許可が必要です。飲食物衛生管理者の資格や営業許可など、それぞれの要件を満たして許可を取得する必要があります。

まず、飲食物衛生管理者の資格が必要です。飲食店では、衛生管理のために飲食物衛生管理者が必要となります。この資格を取得するには、一定の講習を受け、試験に合格する必要があります。飲食物衛生管理者は、食品の取り扱いや衛生管理に関する知識を持ち、飲食店の衛生管理を適切に行う責任者となります。

また、営業許可も必要です。営業許可は、地方自治体の保健所や飲食業の届出を受け付ける窓口で取得します。営業許可の申請には、営業計画や店舗の設備状況、衛生管理などに関する情報を提出する必要があります。保健所が審査を行い、要件を満たしていれば営業許可が発行されます。

その他にも、店舗の営業形態に応じて、必要な許可や届出がある場合もあります。例えば、アルコールを提供する場合には酒類販売業許可が必要です。また、喫煙可否の設定や特定の食材の取り扱いなど、地方自治体の条例や規制に準じた手続きも行う必要があります。

飲食店を開業する際には、これらの許可取得手続きに時間を要することがありますので、計画的に進めましょう。専門のアドバイザーや行政機関の窓口に相談することで、必要な手続きや申請書類などを正確に把握することができます。

飲食店を開業するためには、飲食物衛生管理者の資格取得や営業許可の取得が必要です。地方自治体の規制や条例に準じながら、許可取得手続きを進めましょう。正しく手続きを行い、安心・安全な飲食店を運営するための基盤を整えましょう。

4-2. 小売業の場合の許可

小売業を行う場合にも、一部の許可が必要な場合があります。例えば、特定の商品を販売する場合や店舗の所在地によっては、以下の許可を取得する必要があります。

まず、販売業許可が必要な場合があります。販売業許可は、地方自治体の商工観光部門や商工会議所などの窓口で申請します。販売業許可の申請には、事業の種類や形態、所在地、商品の種類、販売方法などに関する情報を提出する必要があります。審査が行われ、要件を満たした場合に許可が発行されます。

また、特定の商品を取り扱う場合には、追加の許可や届出が必要なことがあります。例えば、食品や医薬品、化粧品などを販売する場合、それぞれの商品に対して厚生労働省や消費者庁などからの許可や届出が求められることがあります。取り扱う商品に応じて、関連する法律や規制に適合する手続きを行いましょう。

さらに、店舗の所在地や規模によっては、街区計画や建築基準法などの規制に対応するための許可が必要な場合もあります。地方自治体や建築行政窓口に相談し、建築物の使用許可や利用許可を取得することが重要です。

小売業を開業する際には、適切な許可を取得することで合法的かつ安全な事業運営ができます。地方自治体や関連の行政機関に相談し、必要な許可や手続きについて正確な情報を入手しましょう。許可取得には時間がかかる場合もあるため、計画的に進めることが重要です。

小売業を行う際は、販売業許可や特定商品の許可など、関連する許可を取得する必要があります。適切な許可を取得し、法令や規制に従いながら、安心して事業を展開しましょう。

5. オープニング準備

最後に、オープンに向けた準備を進めます。ここであらゆるチェックを行い、スムーズな開店を目指しましょう。

5-1. 開店日程の計画

開店に向けては、開店日程の計画が重要です。スムーズな開店を実現するために、以下のポイントを考慮しましょう。

まずは目標となる開店日を設定しましょう。店舗のレイアウトや内装工事、家具や装飾の準備、スタッフの採用やトレーニングなど、様々な作業を進めるための目処となる開店日を明確にしましょう。ただし、十分な余裕を持たせることも重要です。予期せぬトラブルや工事の遅れなどに備えて、実際の開店日よりも前倒しで作業を進めましょう。

次に、開店日までのスケジュールを立てましょう。開店に必要な作業を順番に整理し、期限を決めて進めていくことが重要です。内装工事や家具の納品、店内の清掃など、各作業の手順や期間を把握し、適切なスケジュールを作成しましょう。必要に応じて、担当者や業者との打ち合わせや工程管理も行い、スケジュールの遅れを最小限に抑えるよう努めましょう。

また、開店日に向けての準備を進める中で、予算面も考慮しましょう。各作業にかかる費用や予算を明確にし、コストを抑えつつ必要な準備ができるようにしましょう。必要な資金の調達や見積もりの精査も行い、予算の範囲内でスケジュールを進めることが重要です。

最後に、開店日に向けての宣伝活動も計画しましょう。SNSやウェブサイト、チラシやポスターなど、効果的な宣伝手段を選び、開店日や特典などを広めることで、集客力を高めることができます。開店日程に合わせて宣伝活動のスケジュールも組み込み、適切なタイミングで情報発信を行いましょう。

開店日程の計画は、スムーズな開店を実現するために欠かせません。目標となる開店日を設定し、必要な作業と予算を考慮しながらスケジュールを立てましょう。計画的に進めることで、開店当日には準備が整い、お客様を迎える準備ができるはずです。

5-2. 開店前の宣伝活動

開店日が近づくにつれて、開店前の宣伝活動も大切です。広告や宣伝で開店のお知らせを広め、多くの人々に店舗の存在を知ってもらいましょう。

まずは、オンラインでの宣伝活動を考えましょう。自社のウェブサイトやSNSアカウントを活用し、開店の情報を発信しましょう。特に、開店日や営業時間、オープニングイベントなどの情報を明確に伝えることが重要です。また、オンライン広告やGoogleマップなどの活用も検討し、店舗の場所や営業情報をより多くの人に届けることができます。

また、地域の広告媒体やチラシも有効な手段です。ローカル新聞や地域の情報誌に広告を出稿することで、近隣の住民に店舗の存在をアピールしましょう。また、店舗周辺にチラシを配布したりポスターを貼ったりすることも効果的です。開店のお知らせや特別なキャンペーンを記載し、興味を引くようなデザインとメッセージを考えましょう。

さらに、口コミや地域コミュニティとの連携も重要な要素です。地域のイベントや団体に参加し、店舗の存在をアピールすることで注目を集めることができます。また、開店前に地域住民向けのプレオープンイベントを実施するなど、地域とのつながりを深める取り組みもおすすめです。

開店前の宣伝活動は、集客力を高めるためにとても重要です。オンラインとオフラインの両方で広告や宣伝を展開し、多くの人々に店舗の存在を知ってもらいましょう。開店当日には多くのお客様が訪れ、順調なスタートが切れることでしょう。

6. 営業開始後の留意点

お店を開けば終わりではありません。開けた後もこれらの事を留意してください。

6-1. レビュー対応

お店を開業した後も重要なことは、お店の評価レビューに適切に対応することです。レビューは新規客にとって重要な情報源となりますので、適切な対応が求められます。

まずは、定期的にレビューサイトやSNSをチェックしましょう。顧客からのレビューや評価コメントを把握することで、どのような評判が寄せられているか把握することができます。良い評価や感謝の気持ちを受けた場合には、お礼のコメントを返信しましょう。一方で、改善点や不満の声があった場合には、真摯に受け止める態度で返信し、問題の解決策を提案しましょう。

重要なのは、感情的にならず冷静な対応を心がけることです。感謝の気持ちやお詫びの言葉を適切に伝えることで、お客様との信頼関係を築くことができます。また、レビューへの返信は公開されるものですので、丁寧かつ専門的な言葉遣いで対応しましょう。

さらに、改善点や不満の声があった場合には、それを真摯に受け止め改善に取り組むことが重要です。お客様の意見を参考に、業務プロセスやサービスの品質向上を図ることで、お店の満足度を高めることができます。また、同じ問題が再度発生しないように対策を講じることも大切です。

レビュー対応は、お客様とのコミュニケーションの一環です。良い評価に感謝し、問題点には真摯に向き合い改善に取り組むことで、顧客満足度を向上させることができます。お店を運営する上で、レビューに適切に対応することは欠かせませんので、積極的に取り組んでいきましょう。

6-2. 継続的な集客

お店を開業した後も、継続的な集客活動が不可欠です。新規客を確保し、既存客を継続的に呼び込むために、以下のポイントを意識しましょう。

まずは、顧客とのコミュニケーションを大切にしましょう。定期的なニュースレターの発行やSNSを活用して、最新の情報やキャンペーンを発信しましょう。顧客への特典や割引を提供することで、リピーターを増やすことができます。また、直接顧客との対話を行う場として、イベントやワークショップなどを開催することもおすすめです。

さらに、リピート率を上げるためには、顧客のニーズを理解し、サービスや商品の充実を図ることが重要です。顧客からのフィードバックや要望を積極的に収集し、それに応えるための改善を行いましょう。良い顧客体験を提供することで、顧客満足度を高め、口コミでの広報効果も狙うことができます。

さらに、顧客獲得のために地域コミュニティとの連携も重要です。地元のイベントへの参加や協力、地域情報誌や地域サイトへの掲載など、地域への貢献や露出を図ることで、地元の顧客から支持される存在となります。

最後に、集客活動の効果を分析し評価することも大切です。集客施策の実施結果を定期的に確認し、効果のある施策を継続し、改善の余地がある場合には見直しましょう。データや顧客の声に基づいた客観的な分析を行い、効果的な集客戦略を展開していきましょう。

継続的な集客活動は、お店の成長を支える大切な要素です。顧客とのコミュニケーションやリピート率向上、地域コミュニティとの連携など、多角的なアプローチを行いましょう。そして、効果を確認しながら、お店の魅力を広め続けることで、集客力を維持・向上させましょう。

7. まとめ

このように、空き物件からテナント開店までには多くのステップが存在します。確認しておきましょう。

7-1. ステップの再確認

テナント開店までの一連の流れを振り返りましょう。ここでは、テナント設立に向けてのステップを再確認します。

まずは空き物件探しです。目的や予算に合った物件を探し、ロケーションや広さ、設備などを考慮して選びましょう。

次に物件の申し込みです。物件管理会社に申し込みを行い、事業計画書や資金計画などの情報を提出します。契約内容や期間についても確認しましょう。

テナント契約が完了したら、店舗設計に取りかかります。店舗レイアウトや家具・装飾の選定を行い、お店の雰囲気を作り上げましょう。

店舗設計が進行する中で、必要な許可を取得する作業も進めます。飲食店の場合には飲食物手帳や営業許可、小売業の場合には販売業許可などが必要です。

準備が整ったら、開店日程の計画を立てましょう。開店までのスケジュールや予算を把握し、店舗の宣伝活動も計画的に行いましょう。

開店後も大切なのは、お店の評価レビューへの適切な対応です。良い評価に感謝し、問題点には真摯に向き合い改善に取り組みましょう。

また、継続的な集客活動も重要です。顧客とのコミュニケーションやリピート率向上、地域コミュニティとの連携などを行い、お店の魅力を広めましょう。

テナント開店までの一連のステップを確認しましょう。事前の計画と準備により、スムーズなテナント設立が実現し、運営においても成功を収めることができます。

7-2. 身近なサポートの活用

テナント設立の過程で、不安や疑問を抱えることもあるかもしれません。そんなときは、身近なサポートを活用することが重要です。

まずは専門の相談窓口を利用しましょう。地方自治体や商工会議所など、ビジネス支援機関が提供する相談窓口では、テナント設立に関する情報やアドバイスを受けることができます。資金調達や許認可手続き、ビジネスプランの作成など、さまざまな面でのサポートを期待することができます。

また、テナント経営経験者や同業者からのアドバイスも参考になります。地域で同じようなビジネスを展開している人々や業界団体に参加し、交流を深めましょう。経験者の知恵や成功事例、失敗談を聞くことで、自身のテナント設立に役立つ情報を得られるかもしれません。

さらに、身近な人々のサポートも頼りにしましょう。家族や友人、ビジネスパートナーなど、信頼できる人々の意見や支援は貴重です。親身になって話し合い、アドバイスをもらうことで、テナント開業の心強い応援を得ることができます。

テナント設立は一人でするものではありません。身近なサポートを活用し、困難な状況や課題に立ち向かいましょう。専門の相談窓口や経験者の知恵、身近な人々のサポートを受けながら、成功へのステップを踏んでいきましょう。

8. 最後に

お店を開くのは大変な事ですが、しっかり準備をして臨みましょう。

8-1. 準備の重要性

テナントを開業するためには、充分な準備が欠かせません。準備の重要性を理解し、一つ一つのステップに真摯に取り組むことが成功の鍵です。

まず、事業計画の策定が重要です。ビジネスの目標や方針、販売戦略、予算などを具体的に計画することで、将来の展望が明確になります。事業計画は、テナント設立から運営までの全体像を把握し、計画的に進めるための指針となります。

また、資金計画も重要な要素です。テナントの賃料や設備投資、運営費用など、必要な資金を計画し確保することが必要です。予算の範囲内で事業を進めるためにも、実際の費用や収入の見積もりを正確に行いましょう。

さらに、物件探しやテナント契約、店舗設計、許可の取得など、様々なステップにおいても準備が必要です。計画的な行動と、周到な情報収集を行うことで、重大な問題やトラブルを未然に防ぐことができます。

準備の重要性は、テナント設立の成功に直結しています。時間をかけて準備を行い、将来的な課題や困難に備えましょう。計画を立て、目標を設定し、段階的に進めることで、テナント開業の可能性を最大限に引き出すことができます。

最後に、準備は自分のドリームを実現するための貴重なステップです。テナントを開業することは大変な作業かもしれませんが、しっかりと準備を行い、夢を追い求めましょう。準備の充実が結果の充実へと繋がります。

8-2. 自分のドリームを実現する

テナントを開業することは、自分の夢を実現する素晴らしいチャンスです。この道のりは大変かもしれませんが、諦めずに努力を続けることで、自分だけのお店を持ち、お客さんとの繋がりを築く喜びを味わうことができます。

夢を実現するためには、自分自身の情熱と信念が重要です。どんな困難や障壁が立ちはだかろうとも、自分の目標に向かって突き進むことが不可欠です。自分のドリームに向かう過程で困難に直面することもあるかもしれませんが、困難を乗り越えるために強い意志が必要です。信じることが大切です。

また、周りのサポートを活用することも重要です。家族や友人、専門家やビジネスコミュニティの人々など、自分にとっての貴重な存在からのサポートを受けながら、困難を乗り越えましょう。彼らの経験やアドバイスを参考にし、知恵や助言を借りることで、自分のドリームを実現する道を切り拓くことができます。

そして最も重要なのは、諦めないことです。挫折や失敗があるかもしれませんが、それを乗り越えて再び立ち上がりましょう。自分の夢を追いかける勇気と忍耐力を持ち、一歩ずつ前進していくことが大切です。自分のドリームを追い求めることは、努力と決断が求められるかもしれませんが、その結果として自己成長や達成感を味わうことができます。

テナントを開業し、自分だけのお店を持つことで、人々との繋がりを築いたり、地域に貢献したりすることができます。自分の夢を追い求めながら、お店を通じて多くの喜びや充実感を得ることができるでしょう。自分自身のドリームを実現して、素晴らしい未来を切り拓いていきましょう。

事業用賃貸物件サポート相談センター
ロゴ
地域の特性やお客様のニーズに合った事業用物件をご紹介しております。繁華街や観光地に位置する店舗物件など、幅広い選択肢を品川でご案内しておりますので、初めてのお客様も安心してお任せください。
事業用賃貸物件サポート相談センター

〒143-0023

東京都大田区山王2-5-13大森北口ビル5F

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG